食べ物で痩せる

カレーダイエットって効果あるの?カロリーや糖質は高いのに大丈夫?

日本人で好きな料理と聞かれて、上位に上がるのがカレーといってもいいんじゃないかという位、みんなカレーが大好きですよね。

そんなみんな大好きなカレーでダイエットが出来るという夢のようなダイエットがあるんです。

しかし、カレーをただ単に食べれば良いというわけではなく、ちょっとしたポイントがあるので紹介していきたいと思います。

間違った方法をすると逆に太ってしまうので注意が必要です。でも、ポイントさえ抑えれば好きなカレーでダイエット出来るので長く続けられるしおすすめですよ。

カレーダイエットとは?

かなり前になりますが、お笑い女性芸人のバービーさんが、某TV番組の企画で朝カレーダイエットをして20キロ痩せたことで有名になったダイエットになります。

体脂肪率も38%あったのが、20%台にまで減らしましたしダイエット成功といっていいんじゃないでしょうか。

その他にも、メジャーリーグで活躍されたイチローさん、さらに菅官房長官などもカレーダイエットをしてたみたいですね。

カレーのカロリーと糖質とは?

カレーのカロリーや糖質は非常に高いイメージがありますけど、本当のところどれくらいあるのか気になりましたので調べてみました。

まずカレールー100gあたりのカロリーは、約500kcalとかなりの高カロリーになります。それに、ご飯や野菜が加わるとなるとかなりのカロリーになることは明らかですね。カツを加えたとしたら1000kcal超えになること間違いなし・・・。

と思ったのですが、実は1人前は20g程度で約100kcalくらいなのです。

ではでは糖質はというと100gあたり約40gとかなり高い数値ですが、1人前ですと約8gです。そこに野菜や肉などがいろいろ入って高くなっていくということですね。

関連:コーラのカロリーは?

カレーダイエットの効果

カレーダイエット 効果新陳代謝アップ
ターメリックなどのスパイスによって新陳代謝がアップするとされています。ショウガやにんにくも代謝を良くしてくれる働きがあります。

脂肪燃焼
唐辛子に含まれているカプサイシンの働きによって発汗作用や血行促進も促してくれます。

便秘解消
スパイスには水溶性食物繊維が多く含んでいることで、便秘を改善してくれます。

リラックス効果
カレーには様々なスパイスが配合されていますが、その中でカルダモンやフェンネルといったスパイスに精神をあん

カレーに含まれている効果的なスパイス成分

カレー スパイス 成分カレーに含まれるスパイスの成分こそ、ダイエットに効果がある成分になります。独特なスパイシーな香りが食欲を増進してしまうのですけど、血行を良くしてくれたり脂肪を燃焼してくれたりと健康にもとても良い成分が含まれています。

ここでは、そんなスパイスの働きを一つ一つ紹介していきたいと思います。

・ターメリック
ターメリックに配合されている成分クルコミンの効果により、脂肪の分解を抑えるため太りにくくしてくれます。さらに肝臓の働きを強めてくれるので、脂肪燃焼も促されることでダイエット効果を高めてくれます。

・ショウガ
カラダを温めてくれることで新陳代謝を向上して脂肪を燃えやすいカラダにしてくれます。血行の流れを促進してくれることで、老廃物を排出してくれてむくみ予防もしてくれます。

・ニンニク
ニンニクに含まれるビタミンB1が糖質をエネルギーに変えてくれる働きがあるため、太りにくい体質になります。

・唐辛子
唐辛子に含まれる成分のカプサイシンが脂肪燃焼効果が、メラメラ分解していってくれます。

・コリアンダー
コリアンダーはパクチーのことで、スパイスとしても使用されているんです。効果は、血行促進、殺菌、解毒、消化作用といったものがあり、ダイエットにもとても有効なスパイスになります。

・クミン
血流の流れを良くしてくれて免疫力向上、そして便秘解消することでダイエットにも効果的です。

・カルダモン
発汗作用の効果があるので、ダイエットにとても効果的です。精神安定効果もありますので、ダイエットのイライラも軽減してくれます。

・シナモン
血行促進、発汗作用の効能を持っていてダイエット効果にもとても有効です。

・クローブ
血糖値を低下させてくれる効果、コレステロール値を下げる効果でダイエットだけでなく健康効果もあります。

・ナツメグ
腸内環境を整えてくれる働きにより、便秘解消の効果もあります。新陳代謝をアップしてくれて冷え性を改善してくれます。

様々なカレーによってスパイスの調合も違いますので注意しましょう。

あわせて読みたい
ウコン茶の肝機能を強くする効能とは?摂りすぎで副作用も?ウコンというと、どうしてもお酒の前に飲んで、二日酔いをしないようにするもの的な感じがどうしてもしてしまいますよね。 最近は特に薬局...

カレーダイエットのやり方

朝にカレーを食べる
朝からカレーを食べることで、スパイスの効果を一日中得られるのはダイエットとしてとても大きなメリットですね。さらに一日のはじめにエネルギーを充電できることで、ストレスもなく活動的に生活できるのも良いです。

週に3回ほど食べる
2~3日おきに食べるのが良いかと思います。いくら好きと言っても毎日カレーばかり食べていると飽きてきたりもしますので、長く続けることを考えてこのくらいのペースが良いと思います。

レトルトのカレーでも大丈夫
レトルトのカレーでも大丈夫と言いたいところだけど、裏を見てカロリーや糖質が高いのは避けたほうが良いかと思います。最近は糖質ゼロのカレーも売っていたりしますので、おすすめですよ。

ご飯の量は少なめに
カレーとご飯の相性といったら抜群に良いのですが、ダイエットの面で考えると食べすぎてしまうのが難点です。はっきり言って何杯でもいけちゃうよって人も多いかもしれませんが、ご飯は糖質が高くダイエットには不向きです。

カレーを使ったダイエットレシピ3選

カレーダイエット レシピ

糖質を抑えたダイエットに最適なカレーレシピを3つ紹介していきたいと思います。

バターチキンカレー

材料(4~5人分)
・鶏もも肉500g
・カシューナッツ60g
・バター20g
・にんにく1片
・しょうが1/2片
・缶詰ホールトマト2缶
・塩少々
・砂糖少々
・生クリーム大さじ2
・カスリメティ大さじ1

ホールスパイス
・カルダモン4粒
・クローブ2粒
・ブラックペッパー10粒
・鷹の爪1本

作り方

  1. カシューナッツを水に浸し柔らかくなったら、ミキサーでペースト状にします。
  2. 鶏肉ににんにくとしょうがをすりおろしたものを揉み込み、塩とコショウで味付けします。
  3. 鶏肉をつけ汁ごとフライパンで炒めます。
  4. 鍋にバターを溶かしてホールスパイスを投入して熱していきます。香りがしてきたら、にんにくとしょうがを加えていきます。
  5. ホールトマトを加えて20分ほど煮詰めていきます。
  6. ペースト状になったカシューナッツと塩、砂糖も加えたら混ぜ合わせていきます。生クリームも入れたら、揉み込んだ鶏肉も入れて10分ほど煮込みます。
  7. カスメリティを入れて混ぜたら出来上がりになります。仕上げにクリームをくるりと回しながら入れると見栄えが良くなります。

ひよこ豆のキーマカレー

材料(4~5人分)
・合挽き肉600g
・ひよこ豆200g
・サラダ油大さじ4
・玉ねぎ1個
・にんにく2片
・しょうが1片
・青唐辛子2本
・ミント少々
・トマト1個
・塩少々
・水100cc
・しょうが少々

ホールスパイス
・カルダモン2粒
・クローブ4粒
・シナモン3cm

パウダースパイス
・ターメリック小さじ1/2
・コリアンダー小さじ1
・クミン小さじ1
・チリペッパー小さじ1

  1. 中華鍋にサラダ油とホールスパイスを入れて、弱火にかけます。
  2. 香りが立ち込めてきたら玉ねぎを入れ、中火であめ色になるように軽く炒めます。
  3. にんにくとしょうがを入れて混ぜ込み、青唐辛子とミントを投入します。トマトを入れて更に炒めます。
  4. パウダースパイスを上から順に混ぜ合わせながら加えます。塩を軽く振り、合挽き肉を入れて中火で炒めます。
  5. 挽き肉がポロポロしてきたら水を少しずつ加えつつ沸騰させていきます。
  6. ひよこ豆を加えて完成になります。

インド風ココナッツカレー

材料(4~5人分)
・鶏もも肉500g
・タマリンド20g
・湯100cc
・サラダ油大さじ3
・玉ねぎ1個
・にんにく3片
・しょうが1片
・青唐辛子3本
・カレーリーフ
トマト1個
・塩小さじ1
・チキンスープ200cc
・ココナッツミルク200cc

ホールスパイス
・マスタードシード小さじ1/2
・シナモン3cm
・ブラックペッパー6粒

パウダースパイス
・ターメリック小さじ1/4
・クミン小さじ1
・チリペッパー小さじ1

作り方

  1. タマリンドを分量の湯に10分ほど浸し、タマリンド水を作ります。
  2. 中華鍋にサラダ油を引いて、ホールスパイスを弱火で熱します。パチパチと音がしてきたら玉ねぎを入れて強めの中火で炒めます。
  3. 玉ねぎの色が透明になってきたら一旦弱火にして、にんにくとしょうがを入れて混ぜ、香りがしてきたら青唐辛子を入れていきます。
  4. トマトを潰しながら中火で炒めます。弱火にしてパウダースパイスを上記の順番に入れて混ぜ合わせます。
  5. タマリンド水を入れて強火にして鶏肉を入れていきます。鶏肉をソースに絡めたら、煮込み用の鍋に移していきます。
  6. 別の鍋でチキンスープを沸騰させ、煮込み用の鍋に投入していきます。さらにココナッツミルクを入れたら蓋をして30分ほど煮込んだら完成です。

タマリンドとは、タイやインドでは定番のフルーツで整腸作用もありダイエットにも効果的な食材になります。

糖質制限ダイエットにおすすめの市販レトルトカレー

イオンのトップバリュ100kcal未満のカレー(120グラム)
キーマカレー、野菜カレー、レッドカレー、グリーンカレーの4種類のラインナップになります。どれも糖質がわずか8g以下と低いですが、なかでもキーマカレーは糖質6.8gと低くおすすめになります。

大塚食品のマイサイズ(150グラム)
欧風カレー、バターチキンカレー、グリーンカレーとありますが、カロリーはどれも100kcal以下になりますが、150gとボリュームがある分糖質はちょっと高めになります。食べるならグリーンカレーが糖質が低くおすすめです。

カレーダイエットの注意点やポイント

夜にカレーを食べない
カレーダイエットは朝に食べるのが基本になります。カレーはカロリーがどうしても高くなってしまい、夜に食べると逆に太ってしまう可能性があります。

糖質の高い野菜を入れない
野菜は栄養が摂れるのでとても魅力的なのですが、糖質が高いものが多いというダイエットには不向きになります。特に玉ねぎ、じゃがいも、人参は糖質が高いので違う食材を使用しましょう。

ご飯ではなく豆腐か厚揚げを使用する
ご飯は糖質を多く含んでいますので、豆腐か厚揚げに変更するだけでかなりの糖質カットが期待できます。豆腐も厚揚げも、かなりお腹が膨れて満足感も高いのでダイエット中は特におすすめです。

カレーダイエットの口コミや体験談

Twitterでもカレーダイエットのつぶやきが多いので、まとめてみました。

まとめ

カレーダイエットは、料理をする人なら是非とも挑戦してもらいたいダイエットになります。料理をしない人になると、スパイスの調合をしたりとちょっとハードルが高いように感じました。

レトルトカレーで代用も出来ますが、けっきょく面倒くさくなってやらなくなってしまうと思います。

そこで、私のおすすめはたくさん作って冷凍保存になります。小分けしておくと食べる分だけ温めるだけですので時短にもなりますしとても楽ちんです。最初に作って小分けする時が面倒ですけど、一度やってしまえば当分は持ちますよ。

カレーダイエットは、カレー好きなら苦にならないダイエットですので是非挑戦してみてくださいね。