食べ物で痩せる

正しいヨーグルトダイエット方法で効果を体験!朝、夜のどちらのやり方が良い?

お通じが改善されたり、整腸作用の力によって、シェイプアップにも及ぶヨーグルトではありますが、「そのまま食べていれば体重が落ちる」というものじゃないのです。

そこで、ヨーグルトダイエットの効果、ヨーグルトに含まれている成分、正しいヨーグルトダイエットのやり方などをレクチャーします。

食べるタイミングによって効果が違ったりおすすめポイントが違うのもヨーグルトダイエットのおもしろいところです。そして、簡単に出来るヨーグルトを使ったダイエットレシピを教えますので、ヨーグルトを食生活に取り込んで効果的にダイエットを成功させましょう。

ヨーグルトダイエットとは?

普通に知られているヨーグルトダイエットとは、朝・夜のどちらかの食事にヨーグルトを組み入れて開始するダイエット法となります。

ヨーグルトに配合されている成分の働きによって、脂肪が燃焼しやすい身体へと変わっていくのです。

さらに、朝・昼・夜のみということはなく、ヨーグルトを使用したダイエット法はたくさんありますので、ご自身のが楽なやり方を選択するということが可能です。

・朝ヨーグルトダイエット
・昼ヨーグルトダイエット
・夜ヨーグルトダイエット
・ホットヨーグルトダイエット
・玉ねぎヨーグルトダイエット

こんな風に、ヨーグルトダイエットは一つの選択肢ということはなく、バラエティーに富んだ方法が存在します。

このおかげで、コンディションややりやすさを考慮しながら決定することも出来るのです。

ヨーグルトのカロリー

ヨーグルトのカロリーは、商品によって多少のズレはありますが、平均すると100gでおよそ70kcalとなります。

ヨーグルトは多くの商品が出回っていますが、コンビニやスーパーなどで売られている一人分のヨーグルト1個で小さいので80g、大きくても120gです。

そう考えるとカロリーはそんなに高くないことがわかります。

ちなみに100gあたりの糖質は6~8gとやや高めですが、最近は糖質5g以下の低糖質のヨーグルトも売られていますので、こちらもおすすめです。

ヨーグルトダイエットの効果

ヨーグルトの魅力は、牛乳に「乳酸菌」を混ぜた発酵食品なのであるということではないでしょうか。乳酸菌が幾つものダイエット効果を生み出していただけます。

便秘を克服する働き
ヨーグルトの中には、糖を細分化して乳酸を始めとする酸素を産み出す細菌の「乳酸菌」が配合されています。

乳酸菌は、皆様の身体の中に含まれているビフィズス菌や乳酸球菌といった菌を指し、善玉菌と言われています。

善玉菌が増殖すると、腸内環境に悪影響を齎す「悪玉菌」を減少させることができ、腸内環境をいい感じに整えてくれる効果が期待できます。

腸内環境が整うと、腸が生き生きと活動して、便秘を解決することが期待できるという訳です。かつ、血液がサラサラになって血の巡りが滑らかになり、ターンオーバーを上昇させる働きも受けることができます。

ヨーグルトに配合される「乳酸菌」は人体にとって良い効力が期待できる「善玉菌」と呼ばれており、乳糖などの糖類を栄養源に変えて酸を作り出し、こういった酸が腸をショックを与えることにより便秘予防効果が発揮されます。

基礎代謝を上向きにする効果
腸の具合が回復するというのは、腸の活動量が増大することなので基礎代謝量UPにもなって、痩せ体質にもなっていくのです。

カルシウムには体温を上昇させる効果があって、基礎代謝をアップさせてくれます。

乳製品の一つであるヨーグルトにおいては、カルシウムが豊富に含有されています。

ヨーグルトを召し上がることによって基礎代謝がUPするため、体脂肪が燃えやすくなり、カラダが減量しやすくなるといわれています。

美肌効果
ヨーグルトには、お肌の代謝サイクルを元気にする効き目のある、ビタミンAやビタミンB2が含まれていて、肌トラブルやにきびなどを保護することができます。

そういう理由から、肌を綺麗にすこやかにキープする効果が見られるといえます。

免疫力をアップさせる効果
ヨーグルトは免疫力を引き上げる力を発揮してくれるとしても、一目を置かれる食べ物です。

免疫力は、腸内環境が改善することでアップできると言われています。

「乳酸菌」によって形成される酸は、病原菌や食中毒菌というような悪玉菌の繁殖も和らげるため、免疫力アップにも効果が期待できるというわけです。

整腸作用のあるヨーグルトを摂取することにより、腸内が安定して、痩身効果だけでなく、免疫力をアップさせる効果が見られます。

近年の研究では、花粉症の発生に影響を与えている免疫細胞の活性をセーブしてくれることも判明してきました。

あわせて読みたい
パイナップルダイエットの口コミと効果的なやり方とは?今、大人気のパイナップルダイエットの口コミと効果的なやり方について解説していきたいと思います。 ビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維...

ヨーグルトに含まれている効果的な成分

ヨーグルトダイエットで知っておくべき成分は、乳酸菌とカルシウムでしょう。

ヨーグルトの原料の中で非常にたくさん含まれているのは牛乳となります。牛乳は、完全栄養食品と呼ばれるほど完璧な食材で、高品質のたんぱく質やカルシウム等大量に含んでいます。

タンパク質
牛乳等に含有されているタンパク質とされるものが分解されてアミノ酸になるので、カラダの中で消化・吸収され易くなると考えられます。

カルシウム
牛乳はカルシウムの吸収率が優れた食材。ヨーグルトは発酵などによってカゼインホスホペプチドという、しかも吸収しやすい素材に変わります。

最近になって、ダイエット時にカルシウムを意欲的に摂取すると、そうでない人と見比べてみて体脂肪が低減することが実証されています。

そして、カルシウムの摂取量の多い人ほど脂肪の排泄が促されるという研究結果も出てるということから、カルシウムの量が多いヨーグルトはダイエットに効率的に働き掛けるとなると言えます。

アミノ酸
牛乳と見比べてみて何よりも差がでるのがアミノ酸。タンパク質の量は意外と変わりませんが、乳酸菌を持っていることでアミノ酸が牛乳の3~4倍豊富に入っており、胃をプロテクトする効能をしたりとか、消化のフォローを行なったりしてもらえます。

乳酸菌
乳酸菌につきましては、腸内環境を正常化させ便秘を解決することは、いまやほとんどの方がこの効果のほどを理解しているものと考えられますが乳酸菌のもたらす効果はそれのみではございません。

本来乳酸菌というものは、糖を分解し酸を生み出す細菌の総称を称して自然界に広範囲にわたって存在しております。人間の腸内にもビフィズス菌だけに限らずいくつかの乳酸菌がいますが、腸内には併せて悪玉菌という悪さをする菌もあり、すなわち善玉菌と悪玉菌は腸内で陣地の取り合いをしているという状況です。

腸内で悪玉菌が増殖すると、便秘になってしまい血もドロドロになってしまうので、新陳代謝がひどくなります。脂肪がつきやすい体質の人の大半は腸内で悪玉菌が多い状態である可能性大なのです。それとは逆に、善玉菌が多い腸内は血のめぐりもよく毒素の排泄も円滑なお蔭で、代謝サイクルがアップしスリムになりやすい体質になると考えられます。

腸は第二の脳とも呼ばれており、自律神経と高密度の関連性がございます。1990年にはアメリカにて、自律神経が正常じゃないと肥満になりやすくなるという研究成果が報告を受けましたが、このことは数多い研究者によって確認されています。

すなわち、乳酸菌を食して腸内を綺麗にすることは、ダイエットによる成功の最短ルートと言えます。

それらの他にも、ヨーグルトには成人病の引き金になるコレステロールをDOWNする能力があったり、脂質や糖質のターンオーバーの効き目を見せるビタミンB2をたっぷりと含んでいるので、ダイエットにも直接つながります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類について

美容やダイエットにお薦めできるヨーグルトの栄養成分と効き目から、ヨーグルトダイエットにピッタリ合うヨーグルトの決め方を教えますね。

さしあたって、ヨーグルトが人体にもたらす働きとして一番有名なのは腸内改善や便秘解消になります。

そして効き目のある乳酸菌には何千という種類があって、すごい数を取り入れても、ダイレクトに腸に届くことが出来るのは、ほんの一握りの容量だと考えられています。

では、どういった乳酸菌が含有されたヨーグルトを摂取すると最も効果が期待できるのか。

当たり前ですが、人それぞれの体調や体質、個人毎にも違いますので、実際に検証してみて自分にピッタリの乳酸菌を選択するのが一番ですが、ここではなかでも有名な乳酸菌の種類をピックアップしていきます。

ヤクルト菌
有名な飲料水の名称にもされているヤクルト菌は、元来体内に組み込まれている善玉菌の一つになります。微生物の究明をしていた日本人の博士が、強力で生き延びられるト菌を増加させることに到達しました。

体内の胃液に勝つ為に、増加させてより一層パワーアップすることで近年の形式になり、腸により広い範囲の菌がたどり着くようになっているのが持ち味です。

学名は、ラクトバチルス・カゼイ・シロタカブになります。ヤクルトの後ろのパッケージを見ると書いてありますよね。

ビフィズス菌
ヤクルト菌と一緒で、ビフィズス菌も生まれたときからカラダの中に含まれている善玉菌です。血液を固定させる力があるビタミンKや、ボディを頑強にしてくれるビタミンBと言われるものなどを腸におきまして一つにして吸収させてくれる効果を発揮します。また、腸内に刺激を与え悪影響を及ぼす老廃物をカラダの外側へと排泄する効能もあります。

クレモリス菌
カスピ海ヨーグルトの中に於いてたっぷりと配合されている乳酸菌がクレモリス菌で、粘り気がある性質があると言えます。血液をサラサラにする効き目があるのとあわせて、腸内の潤いを適度に保持し、害のある成分を外へ出してくれます。

LG21
明治乳業などの研究で新たに完成されたのがLG21になります。一般的な乳酸菌のほとんどは、胃酸や胆汁で弱められてしまい、腸まで届くことを可能にするのは少しだったのですが、LG21は胃の中で働くことのできる菌ですので、胃に紛れ込んで影を潛めているピロリ菌と戦うことを可能にするのが特徴だと言えます。

あわせて読みたい
スイカダイエットの効果的な方法とは?夏の代表的な果物として有名なスイカ!みずみずしくてとても美味しいですよね。そんな美味しいスイカでダイエットが出来るんですよ。 わた...

ヨーグルトダイエットのやり方

ヨーグルトダイエットのベーシックなやり方は、1日200gのプレーンヨーグルトを朝か昼、または夕方の食事の時に体内に取り入れるやり方になります。

食前と食後のどっちで吸収するべきか、というポイントとしては働きを考慮して違いがあります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、お腹が空いている時に堪能すると胃酸に負け、そう簡単には腸に到着しません。そういう理由から、乳酸菌をよりたくさん腸に届けたいなら、食後に摂取するのがオススメです。

半面、脂肪分解の働きに優れるカルシウムは、食前に摂り込む方が吸収力が向上する為効果的でしょう。

そして、ヨーグルトを摂取する場合には、かき混ぜて食べないほうが豊富な乳酸菌を吸収することが可能です。かき混ぜるとヨーグルトの中に存在する乳酸菌が半減してしまうことから、その状態で召し上がるようにすると良いでしょう。

もっと言うなら、ヨーグルトが違えば取り入れられている乳酸菌に違いがあることを考えて、一緒の物を最低でも一週間は食べ続けるのが大事です。

食べ続けることで、便秘が解決できた、肌の調子が改善した、お腹周りがシュッとしたなどの働きをお感じになった場合は、摂取している乳酸菌と腸が合っているので続けていきましょう。

ヨーグルトダイエットの方法

上記で述べた通り、ヨーグルトダイエットは朝・夜のどちらかの食事に、ヨーグルトを選択するというやり方になります。

各々の方法で、微妙にやり方に違いがあるので、きちんと確認して自身にマッチした方を選んで実施してみて下さいね。

朝ヨーグルトダイエットの方法
朝食を食べる生活習慣がない方でも、ヨーグルトでしたら簡単に食べれて、生活改善にも及ぶダイエットとなります。ヨーグルトを摂取することでカルシウムを吸収し、カルシウムが不足していることによって生じる脂肪になりやすい悪い習慣を整えます。

やり方は、朝目覚めてすぐにコップ一杯のお水(常温か白湯)を飲んだのちに、朝食の代わりに200gのプレーンヨーグルトを召し上がります。水を飲むことによって就寝中の水分が不足していることを補充するのと併せて、眠りについていた胃腸が行動しだすため、ヨーグルトの有効成分の吸収にも効き目があります。そのようにして、ヨーグルトを朝食べることで、腸内に刺激をもたらし、よりお通じの促進や代謝の活発化が期待されます。

プレーンヨーグルトをそのまま堪能しても問題ないですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は糖と共に体内に取り入れることで吸収がアップします。オリゴ糖や蜂蜜、メープルシロップ、果実などをプラスして摂取するのがいいでしょう。

ヨーグルトオンリーでは物足りなくなっている、という人はシリアルやナッツなどを足して食べごたえを加えても良いと思います。

朝ヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを摂ることでカラダを活発にするほか、腸が刺激されて便通のタイミングが正常化され、胃腸の調子をスムーズにすることに有効です。

昼ヨーグルトダイエットの方法
昼食にヨーグルトを併せると、外食などで不足することが多いミネラルが摂り入れることができます。

このようなケースでは、お腹が空いている時に摂り入れると乳酸菌のタイプによっては胃酸に敗れてしまう場合もあるでしょうから、食後にスイーツとしてプレーンタイプのヨーグルトを100~150gご賞味いただくと間違いないでしょう。

それから、より力を入れたダイエットを希望しているなら、ランチタイムをヨーグルトに置き換えるのがピッタリです。

このような場合は、プレーンヨーグルトを400~450g食べましょう。それなりに量があるので満足度合がある上、お昼ごはんに炭水化物を吸収しないことで、ランチ後の眠気を抑止することにもいいでしょう。

夜ヨーグルトダイエットの方法
夜ヨーグルトダイエットにチャレンジするやり方は、食前と食後に食べるのと2通りの方法があります。どちらも、摂取する量は100~200gが基準となります。

晩御飯の時間が遅い時は、食前ヨーグルトを推奨します。何故かというと、食前にヨーグルト口にすることで食欲が軽減でき、夕飯の摂り過ぎを抑止することが出来るからです。

そして、「腸のゴールデンタイム」と呼ばれる22時~深夜2時に合わせて、晩飯直後にヨーグルトを召し上がると整腸作用がよりいい感じに活動するどころか、高品質な快眠を得ることが出来ます。

この時間帯は腸が盛んに行動するとされており、老廃物がどんどんカラダの外へ排出されやすくなるので、太りづらい体質が形成されていくとされています。

但し、プラスの面が多くあるヨーグルトでもプレーンヨーグルト100gで70kcalあるので、摂りすぎには気をつける必要があります。これとは別に、夕食のボリュームをちょっとだけ控えるように気に掛けると、ダイエット効果がますます得られるでしょう。

そして、溜まった老廃物が放出されやすくなることによって、血液の循環がきちんと行われて、代謝サイクルを向上させてくれます。これによって便秘の解消やむくみ、身体の冷え、お肌のコンディション、といった効き目があるのです。

ホットヨーグルトダイエットの方法
ホットヨーグルトダイエットは、朝か夜のいずれかの食事に温めたヨーグルトに置き換えて召し上がる、あるいは食前か食後に召し上がるといったダイエット法です。

作り方は、ヨーグルトを耐熱容器に移してから、30秒レンジでチンして出来上がりになります。お好みでハチミツをかけて食べても美味しいです。

冷たい状態のヨーグルトを食べたらカラダの内側の体温が急激に下る為、内臓の機能が鈍ってしまいます。

ヨーグルトを温めることにより体のの体温を下げずに、新陳代謝を維持しつつ整腸作用を高める働き、冷えによる下痢なんかも避けられます。さらに乳酸菌やカルシウムの吸収が高くなり、効果を引き立てることが出来ると言われています。

玉ねぎヨーグルトダイエットの方法
玉ねぎヨーグルトダイエットとは、玉ねぎとヨーグルトを混ぜ合わせて仕上げた物を、摂取するというダイエット方法です。

少し前にテレビ番組でも紹介されて、あるタレントさんが引き締まったお腹を公開していました。

玉ねぎヨーグルトを召し上がることで、代謝サイクルを上向かせたり、脂肪の吸収を阻止することが出来ると言われています。

ヨーグルトダイエットの注意点

摂りすぎに注意
ダイエットに効果抜群のヨーグルトではありますが、意外と高いカロリーですので摂取しすぎてしまうとカロリーオーバーで、逆に太ってしまう可能性があります。

また、その他の乳製品と比較してみて割と脂肪分が少ないと言われていますが、多量に食べると脂肪の過剰摂取となってしまうため、体重が下がるのとは裏腹にアップしてしまうので気をつける必要があります。

その点から、ヨーグルトダイエット中はウェイトを落とすためにも、ヨーグルトの1日当たりの摂取量を踏まえて摂取しましょう。

下痢になるケースがある
ヨーグルトは牛乳よりも乳糖が分離しているが為に、乳糖をじょうずに分解出来ない方も心配なく口にできると言われています。

けれども、ヨーグルトで分解している乳糖は、牛乳の20~40%と言われており、50%以上は残っていることになるのです。

牛乳よりは下痢に見舞われる確率はほとんど無いですが、たまになる場合もあります。

したがって、乳糖をうまく分解がされない体質の人は、下痢の症状が現れるようなら、健康のためにも一旦ストップするようにした方が賢明です。

乳酸菌が体質に合わないこともある
ヨーグルトを日頃から食べるようにしていて、便秘が酷い状態になったり、ニキビが出来たりするという症状が出てくるケースもあるそうです。

この理由は、そもそも乳酸菌が自分のカラダに合っていない為だとされています。

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は数えきれないほど種類があって、人それぞれに相性もあります。

私達のカラダの中の腸内細菌のメカニズムは三者三様異なるので、その構造が乳酸菌の働きかけに逆に影響をもたらすからだようです。

一般的には相性が合わない乳酸菌を食べても、それに見合った結果が出ないぐらいで済むのですが、軽いアレルギー反応が出たり、腸内環境を崩してしまう状態になる事例もあります。

万が一、ヨーグルトを摂取していてちょっとでもおかしいと感じたのなら、違うメーカーのヨーグルトに変更してみるのもいいかもしれません。

しかしながら、症状が酷かったりもしくは、改善されなかった場合は直ちに病院で診て貰ってください。

あわせて読みたい
カラオケダイエットって効果あるの?一時のカラオケブームは去ったとはいえ、今でもカラオケは子供から大人まで大人気です。採点式のカラオケも人気ですが、歌を歌い終えた後に消費カ...

ヨーグルトダイエットの口コミや体験談

まとめ

私としてはヨーグルトはとても美味しくて好きだから、これでダイエットできるなら嬉しいです。個人的にはハチミツをかけるのがおすすめですね。

便秘症の方は乳酸菌によって腸の働きを活発にしてくれるから、とても向いていると思います。果物も入れて食べるのも美味しいのですが、糖質が上がってしまいますので注意が必要になります。